キャバクラは憧れのお仕事!わたしが大好きな理由とは

このわたしのキャバクラへの憧れ

女の子の憧れキャバクラ嬢の生活

女の子の憧れキャバクラ嬢の生活をご紹介します。その前に、何故、キャバクラに憧れるようになったか考えた事がありますか?

そもそも私が入る前のキャバクラは、シングルマザーの方など、時間の都合が付きにくい場合や、ある程度まとまったお金が必要な場合に仕方が無く働いているイメージが強く、他の人からの差別などがあったみたいなんですが、風営法の改善やファッション誌など、様々なメディアに登場するようになってきて風俗というくくりながらも、表舞台で脚光を浴びている人気の職業にまでなったみたいです。毎日お酒を飲んで、楽しくおしゃべりをして、都内の高級マンションに住みながら、綺麗なドレス、エステにネイル、毎日美容室でセットをしているイメージのあるキャバ嬢ですが、実際にはそこまで極端ではありません。ほとんどのキャバ嬢は質素な生活を送っています。

もちろん私も、お店の売り上げ上位にランクインして、お給料も同世代よりも沢山もらえていますが、それでも普通のOLさんと同じ生活をしています。キャバ嬢のお仕事は若いうちにしか稼げない仕事だと言われています。

その為、なるべく無駄なお金を使う事なく、貯金にまわしたり、両親へ仕送りをしたりしています。また、夜のお仕事なので、太りやすかったり、肌荒れが酷い場合があるので、自分のケアにお金をかけています。キャバクラのほとんどが夜の遅い時間の求人になります。

その為、肌のケアはしっかり行っている方も多いですし、同じ店のお仲間さんなどは、体調管理、スタイル維持のために、スポーツジムに通っている方もいっぱいいます。同世代の方よりも、自分を大事にしながら、自己研磨を忘れない姿勢は、たとえキャバクラを退職したとしても、その後の人生に大きな影響を与えてくれると思います。

性的なサービスも無しに、相手を喜ばせなければいけないキャバ嬢のお仕事は、正直大変な部分もありますが、やりがいのあるお仕事です。男性を虜にできるような会話術であったり、自身の魅力をアップさせる必要がありますので、本当に大変なお仕事です。常に男性に見られている意識を持たないと働けない職業です。その為、男性受けの良い服装や、言葉使い、ダイエットをして整えているスタイルや、会話術が必要になるので、私も必死に努力しています。これらの努力は全て「女子力アップ」に繋がっているのだと思います。

自分が輝き続ける事でのみ働く事のできるキャバクラという職業が、世の女性の方から憧れているのも、こういった部分があるからだと思いました。

そんなキャバクラで働きたいと思う若い女の子が今多いのですが、キャバクラの面接はそんなに甘くはありません。普通に一般企業を受けるのと変わらない難易度です。それだけ、いまは人気が高い職業だということと、キャバクラ自体、競争が激しいので結果を出してくれそうな女の子をやはり採用します。かといって、特殊なスキルや経歴が必要というわけではありません。普通に笑顔で挨拶ができて、礼儀が普通に備わっていればいいのです。でも最近の若い子にはそういうのが欠けているので、もしこれからキャバクラに面接にいこうとしているひとは、少し気を引き締めていったほうがいいですよ。

©2014 キャバクラに憧れをいだいたわたしの理由を語ります